カテゴリー
未分類

服部恭太容疑者がやばい!

京王線で事件を起こした服部恭太容疑者がやばい!

令和3年10月31日の午後8時ごろ東京都内などを走行する私鉄の京王線車内で刃物を振り回し、電車に乗車していた乗客ら17名を負傷させた疑いで服部恭太容疑者が逮捕されました。

事件は衆議院選の結果が出始める午後20時ころ。

逃げ場のない特急列車内で犯行は行われ、ナイフのようなものでケガをさせたほか、液体燃料を車内にまいて火をつけた疑いも持たれています。

犯行前には渋谷の街を徘徊していたという話もあります。普通なら友人らと仮装して出かける場所ですが、服部恭太容疑者はボッチだったのでしょう。

犯行動機としては「仕事がうまく行かなかった」などと供述しているそうですが、仕事がうまくいっている人って少数派のはずです。そんなことも分からないくらいの年齢なんでしょうね。今どきの24歳って。

また、6~7月ころから死刑の事を考えていたという事ですが、どうしてなんの関係もないひとを負傷させるという方向に考えが及ぶのが分かりません。情報では漫画ばかり読んでいて友人もいなっかったとのこと。

映画バットマンのジョーカーに憧れていたという服部恭太容疑者。他の人の人生がみんな上手く行ってることは無いのですよ。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

旦那や妻の隠し口座を調べる

探偵事務所では家族の隠し口座がどこにあるのか調べることが可能です

意外に思うかもしれませんが、調査会社では銀行口座がどこにあるのか?逆に銀行口座から契約者の氏名住所の調査が可能です。

例えば夫婦間に蟠りができ、その後離婚に至る場合に離婚調停という形になる場合がありますが、弁護士事務所に相談に行くと必ず「相手の財産は把握していますか?」と聞かれます。

普段はご自身の資産など厳密に管理していない方は相手となる夫や妻の資産など把握していないのが現状です。

そこで銀行口座がどこにあるのか? 銀行口座にどれくらい預金があるのか? ゆうちょ銀行にいくら貯金されているのか?

という問題ができ、そのことについて調べなければならない場合があります。

相手である妻や夫が正直に答えてくれたり、通帳の中身を見せてくれれば何ら問題はありませんが、基本的に隠す方向のようです。

夫、妻の隠し口座を把握するのはハードルが高いのです。

探偵事務所では隠し口座の調査が可能です。調査に必要な情報は以下の通りになります。

  • 調べる方の姓名と正確な読み
  • 調べる方の生年月日
  • 調べる方の現住所
  • 調べる方の電話番号

ご夫婦であるならば上記項目については容易に判明する事項ですので心配は要りません。稀に職場や前住所の情報が必要な場合がありますが、それについて問題はないでしょう。ただし、奥様の隠し口座調査の場合は旦那様の氏名・生年月日・ご住所の情報が必要になる場合があります。

旦那はどれくらい預金があるのか?

奥様の預金残高も気になりますよね。もし分かっている口座情報があるのならその情報から預金額をお調べすることも可能です。この場合以下の情報が必要になります。

詐欺師に騙された!

うまい儲け話に乗ってしまい、詐欺師の銀行口座にお金を振り込んでしまった!という場合には銀行口座情報から契約者の氏名住所が判明します。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座種類
  • 口座番号
  • 口座名義

以上が必要な情報になります。口座名義についてはカタカナでしか分からない場合もお調べすることが可能です。

隠し口座調査依頼の方法

個人の所有する銀行口座は一つであるとは限りません。「〇〇口座分」と数を指定してください。10口座分依頼しても5口座しか判明しなかった場合は5口座分の料金が発生したします。

※外国銀行・ネットバンク・一部の銀行は調査不可の場合もありますので探偵事務所に問い合わせする場合はその部分も注意して依頼してください。通常は成功報酬制で、判明しなかった場合は料金はかからない探偵事務所もありますので、成功報酬制の探偵事務所を選んだが法がお得です。

カテゴリー
未分類

携帯電話番号から持ち主が知りたい

携帯電話番号からどこの誰なのか知りたい場合は探偵に依頼するのが早い

携帯電話番号しか知らない、、、でもどこの誰なのか知りたいケースというものが存在すると思うのです。

  • 配偶者の浮気相手と思われる携帯電話番号が見つかった。どうしても知りたい
  •  

  • 夜中に頻繁にいたづら電話がかかってくる。何とかして犯人を特定したい
  •  

  • お店の女の子がお客に盗撮されたようだ。予約時に使われた番号から相手を特定したい
  •  

  • 詐欺師に騙された!連絡に使っていた番号は分かるのでなんとかしたい

以上のようなケースがあります。

携帯電話番号だけでも調査は可能なのですが、他には

  • 氏名・お名前
  •  

  • 年齢・生年月日
  •  

  • 住んでいる地域・駅名など

上記のような情報があると更に特定しやすくなります。

重要なキャリア

日本国内では大手キャリアが4社あります。ドコモ・au・ソフトバンク・楽天です。この他に各社サブブランドとして格安携帯電話会社があります。ドコモはアハモ。auはUQモバイル。ソフトバンクはLINEMOなどです。

このキャリア(事業者)によって調査の方法が変わってきますので、とても重要な事項となります。

また、通常の大手以外でもMVNOと呼ばれる業態もあり、合わせると数十社になります。基本的にはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線なのですが、そこの回線を借りて、一般客に安く提供できることができるので、年々利用者が増えてきています。

もう一回線欲しいというニーズも増え、格安という面から人気があります。

調査には探偵との契約が必要

携帯電話調査を探偵に依頼するには調査契約が必要です。調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書の三種類あります。この正式な書類に署名するなどをして、はじめて契約が締結され、調査をすることが可能になります。

調査の方法

基本的にはデータ調査になり、相手に電話をかけて聞き出したりという事は一切ありません。ですから調査されていることに相手は気が付かないのが現状です。以前は言葉巧みに聞き出したりといった手法もありましたが、現在は知らない番号だと電話に出ない人が多く、主流はデータ調査です。

絶対に相手にバレることはありません。

判明率は?

使われている電話番号ならほとんどのケースで判明します。

詐欺師が使っている携帯電話ですと、契約者と使用者が違っている場合もありますので、基本的には契約者情報となります。

判明率は90パーセント以上です。

違法ではないか?

他人の携帯電話番号からどこの誰なのかを調査すること自体に違法性はありません。ただし、入手できた情報を元にストーカー行為を働いたり、ネット上に公開するといった犯罪行為をすることが違法行為にあたります。

以上が簡単な説明になります。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

「興信所」かたり女性に性的暴行した男が逮捕されました

都内の駐輪場で50代の女性に性的暴行を加えたなどとして、36歳の男が逮捕されました

熟女好きなのでしょうか?

なんだか、怪しい熟年カップルを尾行して二人が別れた後に女性に声をかけ、脅していたらしいです。

通常は金銭を要求するものですが、この容疑者は熟女の身体を要求してくるという斜め上の人みたいですね。

まぁ、昭和のエロ映画的なストーリーなのですが、、、

こうやって興信所って怖いと所っていうイメージが定着しちゃうのかな。

今から30年も前の話ですが、同様の事件が多発していた時期もあったようです。

ラボホテルに駐車されている車のナンバーから所有者を割り出し、後から「浮気してたんでしょう」といって金銭を無心するという犯行です。

基本的に浮気は誰にも知られたくないし、見つかったら絶対にやばいということなのでしょうが、今回は暴行目的ってのがなかなか変わった犯人です。

恐らく今回が初犯ではなく、何回かは成功していたのでしょう。

まぁ、興信所って名乗らなないで欲しいです。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

破産情報や民事再生手続きを行った人を格安で調べてくれる会社がある!

自己破産したひとの情報を調べてくれる会社があった

自己破産って嫌ですよね。

長い(短い)人生の中には色々な事件・事故が必ず起こります。

新築のマイホームを契約したとたんに勤務先の会社が倒産した。

もらい事故で廃車&大けがしてしまい、しばらくの間仕事に復帰できず、相手方が保険に加入していなかった場合。

上記の例は自己責任では語れない不慮の事故ですし、会社の場合は不運だったとしか言えません。

この他ではお金の使い方がルーズな人って一定数いるわけで、使っている時は気持ちいいですが、返済時にどうしようもなくなって更に借金をする人っていうのが本当に存在するんです。

お金は天下の回り物といった名セリフ(迷セリフ)がありますが、確かにお金はみんなでどんどん使えば回ってくるものです。

今の日本はコロナ禍の状況でもあり、お財布の紐が「キュッ」と閉まっている状態なんですね。

バブル期の終わりの頃のほうで、お金にルーズな人に沢山会ったと父から話を聞いたことがあります。本当に湯水のように使うらしいのですが、殆どが会社のお金で飲み食いしていたらしいです。

結局バブル末期の総量規制の影響を受けて会社が倒産し、破産宣告を受けたみたいです。

また、父の会社の同僚で、バブル期に麻布方面に存在していた、外国人のダンサーが夜な夜なショーをするクラブ的なものがあったらしいです。そのクラブに同僚がはまってしまい、毎晩のようにムキムキの男性ダンサーにチップをあげていて、お金を使いすぎて自己破産したっていう話もありました。

上記のように、過去の事は過去の事なんですが、人間性はそう簡単に変えられないのは自分でもわかります。

色々探していたら、破産した事を調べてくれる調査会社があったんです。

自己破産や民事(個人)再生手続きを行った人物の調査

調査結果が全くなければ0円らしいです。

結果が出れば5800円ということです。