カテゴリー
探偵に関連するサイト

探偵業の届出について

探偵業の届出について

探偵

と名乗ることは以前は誰でも出来ましたが、平成19年6月1日からは探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されてできなくなりました。

それまでは事務所を借りて、看板を出せばだれでも探偵になれたのですが、法律が施行以降は各都道府県の公安委員会に届出をすることになりました。

ですから探偵業を営もうと考えている、またはすでに探偵業をしている法人や個人は届出済な訳です。

誰でも届出できるという事はなく、いわゆるヤクザさん(反社会的勢力)や過去に禁固以上の刑に処せられて、刑が終わってから5年が経過していないものは探偵業の届出を行うことは出来ません。これは個人の場合で法人の場合は代表者や役員の中にヤクザや禁固以上の刑に処せられた人はダメという事です。

ヤクザさんも足を洗って5年を経過すれば届出が出来るとか、、、

各都道府県の公安委員会ってどこにあるんだよ?ってことですが、探偵業を営もうと考えている場所の所轄の警察署が窓口になっており、生活安全課の探偵の係の人が受け付けてくれます。

手数料が必要で3600円くらいかかります。

逆にいうと、これだけで探偵になれるのです。

なぜ、警察署の生活安全課なのか考えてみたのですが、探偵というのは人々の秘密を見聞きしてしまうところ。やはり生活に密着した生活安全課なのでしょうね。交通課だったらビックリですw

他には書類が必要です。住民票や履歴書、身分証明書、誓約書などが必要で、過去には登記されていない証明書という聞きなれない書類も必要でしたが、法改正で登記されていない証明書は提出する必要はなくなりました。

それと未だに人に聞いたことないんですけど、届出できる年齢制限ってあるのかな?ということなんです。

ちょっと調べてみたところ、未成年者でも届出が可能らしいんです。法定代理人の氏名年齢が記載されている書面と、当該営業の許可を得ている書面が必要になります。

営業許可を得ている証明というのは中々難しいですが、例えば事務所を借りていて、家主から届出の許可が出ていれば大丈夫なはずなんです。

でも自宅で営業したい場合は誰から貰えばいいのでしょうか?家族の持ち家なら家族から? 賃貸なら家主さんからになるんでしょうか?

皆さん大好き名探偵コナン君は探偵業の届出をしているのでしょうか? wikiによると工藤新一君が幼児化したとあるのですが、小学生っぽいですよね?

もし探偵業の届出を出していると仮定した場合、法定代理人は隣に住んでいる阿笠博士で間違いないでしょう。工藤新一君は公には死んでいる事になっているはずなんです。もし生きていることが分かれば黒の組織に命を狙われる危険が迫ります。

法定代理人は秘密を知っている阿笠博士であると思われますが、住民票や身分証明書は工藤新一でなくてはなりません。江戸川コナンでは偽造した公的証明書が必要になり、もしもバレてしまったら公文書偽造及び行使の疑いで逮捕されて50万円以下の罰金とかになりそうです。

ですから名探偵コナン君は届出をしていないと思われますw

ということで、探偵業の届出を済ませている探偵事務所は身元が警察で管理されているので安心して依頼できる証にもなりました。