カテゴリー
探偵に関連するサイト

「興信所」かたり女性に性的暴行した男が逮捕されました

都内の駐輪場で50代の女性に性的暴行を加えたなどとして、36歳の男が逮捕されました

熟女好きなのでしょうか?

なんだか、怪しい熟年カップルを尾行して二人が別れた後に女性に声をかけ、脅していたらしいです。

通常は金銭を要求するものですが、この容疑者は熟女の身体を要求してくるという斜め上の人みたいですね。

まぁ、昭和のエロ映画的なストーリーなのですが、、、

こうやって興信所って怖いと所っていうイメージが定着しちゃうのかな。

今から30年も前の話ですが、同様の事件が多発していた時期もあったようです。

ラボホテルに駐車されている車のナンバーから所有者を割り出し、後から「浮気してたんでしょう」といって金銭を無心するという犯行です。

基本的に浮気は誰にも知られたくないし、見つかったら絶対にやばいということなのでしょうが、今回は暴行目的ってのがなかなか変わった犯人です。

恐らく今回が初犯ではなく、何回かは成功していたのでしょう。

まぁ、興信所って名乗らなないで欲しいです。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

破産情報や民事再生手続きを行った人を格安で調べてくれる会社がある!

自己破産したひとの情報を調べてくれる会社があった

自己破産って嫌ですよね。

長い(短い)人生の中には色々な事件・事故が必ず起こります。

新築のマイホームを契約したとたんに勤務先の会社が倒産した。

もらい事故で廃車&大けがしてしまい、しばらくの間仕事に復帰できず、相手方が保険に加入していなかった場合。

上記の例は自己責任では語れない不慮の事故ですし、会社の場合は不運だったとしか言えません。

この他ではお金の使い方がルーズな人って一定数いるわけで、使っている時は気持ちいいですが、返済時にどうしようもなくなって更に借金をする人っていうのが本当に存在するんです。

お金は天下の回り物といった名セリフ(迷セリフ)がありますが、確かにお金はみんなでどんどん使えば回ってくるものです。

今の日本はコロナ禍の状況でもあり、お財布の紐が「キュッ」と閉まっている状態なんですね。

バブル期の終わりの頃のほうで、お金にルーズな人に沢山会ったと父から話を聞いたことがあります。本当に湯水のように使うらしいのですが、殆どが会社のお金で飲み食いしていたらしいです。

結局バブル末期の総量規制の影響を受けて会社が倒産し、破産宣告を受けたみたいです。

また、父の会社の同僚で、バブル期に麻布方面に存在していた、外国人のダンサーが夜な夜なショーをするクラブ的なものがあったらしいです。そのクラブに同僚がはまってしまい、毎晩のようにムキムキの男性ダンサーにチップをあげていて、お金を使いすぎて自己破産したっていう話もありました。

上記のように、過去の事は過去の事なんですが、人間性はそう簡単に変えられないのは自分でもわかります。

色々探していたら、破産した事を調べてくれる調査会社があったんです。

破産や民事再生手続きを行った人物の調査

調査結果が全くなければ0円らしいです。

結果が出れば7800円、、、

6800円になりませんかって交渉してもいいかもしれませんね。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

探偵に依頼するには契約が必要です

オリンピックが開幕しましたね。

昨日は野球で日本がアメリカからさよなら勝ちで次戦に向かいます。

さて、探偵を雇ったことが無い人たちにとってはどのような流れになっているのか?が分からないと思います。

探偵業の業務の適正化に関する法律が整備されてから14年が経ちました。法改正も2回ほどありましたね。

まずは疑問に感じたことを自分で調べてみて、どうしても判明しない場合に、探偵に相談する人が多いと思うのです。

例えば浮気ですね。疑問に感じてパートナーに聞いても本当のことを話すわけないし、だからといってこのまま悶々とした気持ちで過ごすのは嫌だ。

でも自分で調査することは顔も分かっているし、時間もない、、、それにどうやって調べればいいのか分からない。

そういう場合に探偵事務所というものがあります。

まずはメールで相談し、どのような回答が得られるのか?あたりをつけてみることから始めましょう。

メールで送信する相談内容は現状がどういう感じなのか?ということで十分だと思います。

親切な探偵事務所ならメールの内容を読み解いて、1から10までを応えてくれると思います。

その次に探偵を雇う費用ですね。

探偵を雇う費用は浮気調査の場合、張り込みして尾行し、浮気の現場に遭遇したのなら証拠を押さえ、浮気相手がどこの誰なのか?を突き止めるのまでが一連の流れになります。

普通、調査員が2名から3名。車を使う場合もありますので追加料金が発生します。

探偵を雇う費用の計算方法としては、基本料金プラス時間料金が一般的な計算方法として確立されています。これはどこの探偵事務所でも同じだと思います。

上記のように、調査時間が長くなればなるほど費用は嵩んでいく訳です。

ですから〇〇探偵事務所は高いとか、安いとかいうのはあまり関係なくて、高くても時間が短い調査で判明すればいいですし、安くても調査時間が長くなってしまえば高くなります。

調査時間は依頼人、探偵ともに実際に行ってみないと把握できないので、そこで認識の乖離があるのです。

ですから時折探偵と連絡を取り、状況を聞いてみて今日は浮気相手と会わなそうだなと思ったら次回に持ち越すなどの判断が依頼人には必要になってくると思います。

ただダラダラと尾行調査を行っていても浮気現場に遭遇しませんし、探偵も疲れるばかりか、長時間のために相手方にバレてしまう可能性も高くなるのです。

探偵のホームページを見ていると、絶対にバレないとか書いてあるところありますが、それはですので信頼しないようにしてください。

必ず契約書は交わす

相談してみて、調査料金の折り合いがつけば探偵との契約になります。

契約書類は三通ありまして、調査委任契約書(申込書)・重要事項説明書・誓約書(確約表明書)というものになります。

調査委任契約書は依頼する人の氏名・住所、調査する対象者の事柄、調査の目的、契約する日数・時間・料金に関することがあり、依頼人が記入する箇所が最も多い書類になります。

重要事項説明書は調査をする際のリスク説明や料金に関しての事などが記載されており、目を通したのちにサインしてもらう書類になります。

最後の誓約書は調査した結果を犯罪行為に利用しないことや、依頼人が反社会勢力ではないこと、ストーカー行為に利用しないことなどの誓約書類になりサインする必要があります。

誓約書は依頼人が探偵事務所に提出する書類になります。

その他の調査委任契約書と重要事項説明書は依頼人に交付する義務がありますので大事に保管してください。

契約が終われば調査開始です

本当に調査しているのか?が一番大きな疑問になると思います。

殆どの探偵が開始外観の撮影といって、調査開始場所の外観を開始前に撮影します。終了の時も同じです。

浮気調査の場合は顔写真などで対象者を把握しますが、コロナ禍なので皆さんマスクをしていますね。ですから分かっている限りでいいですから当日の服装、持ち物などを探偵に伝えることも調査成功への秘訣だと思います。

調査が失敗するパターンとしては、、、

元々警戒心が強く、些細な変化に気づきやすい人

すでに家庭内でもめ事になっており、対象者が「もしかしたら探偵をつけられる可能性があるかな?」と思われている時

いきなり路上でタクシーを拾われ、後続のタクシーが捉まらないとき

車で尾行中、信号や交通状況などで間に何台も車が入ってしまい、見失う

飛行機で移動された時

実際に見失った時の一例です。特に飛行機の場合、普通は予約して搭乗するものですし、乗る便が判明しても満席でチケットが手に入らない場合もあります。

探偵は万能ではありません。しかし報酬をいただいている以上プロ意識を忘れていないと思いますので、どうすれば調査が上手く行くか常に考えています。時には信号無視っぽいこともしますし、速度超過っぽいこともします。

でも場合によっては不可抗力の場合もあるので、そういう場合の料金の件について探偵側と交渉することも令和の時代には必要なのかなぁと感じています。

上記のような見失うリスクについては依頼人がまず聞いてください。親切な探偵事務所ならその説明があると思います。

絶対に失敗しない探偵は居ないので、変に自信を持っているところは危ない気がします。

調査結果報告

どんな調査でも報告書を貰うことを忘れないで下さい。高い料金を払うのですからその対価としてきちんとした報告書を提出するのが探偵の義務です。

報告書をどのような形で使うのか?裁判、弁護士の相談用として活用されることを願います。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

Gmailで身元はバレるのか?

Gmailで身バレは大丈夫?誰にもバレない?

皆さん大好き「Gmail」

最近では会社員の方でもGmailを積極的に使っていらっしゃる人多いですよね。

やはりスマートフォンの普及が大きいのでしょうか?

一度Googleアカウントを作れば世界中どこにいてもアカウントとインターネットにつなげることのできる端末さえあればアクセス可能なので、非常に便利です。

最近では二段階暗証を導入していたりセキュリティも強固になりつつあります。

また、いつもと違う場所や端末でGoogleアカウントにログインすると警告メールを自動的に送信してくれるので安心です。

尚、Gmailで身元がバレないと考えては無いですか?

無料で作ることのできるGoogleアカウントですが、メール送信する場合、どうしても「送信者名」が相手側に伝わりますし、iPhoneだと「iPhoneから送信」したことも表示されます。

「送信者名」に関しては設定で外すとかそういうことは出来ないみたいなので、相手に伝わることは覚悟して送信してください。

どうしても名前が出るのが嫌な場合はGoogleアカウントを作る時に偽名で作るしかなさそうです。

また、他のメール送信ソフト、同アプリケーションでは送信する際に送信者の名前を毎回変えられるメーラーもありますのでそちらを使った方が身バレしにくくなります。

しかし、

しかし、そういうメールは迷惑メールに葬られるか、怪しまれて削除されてしまうのがオチなので、身バレとか気にせずに送ったほうがいいですね。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

マッチングアプリで出会った相手が本当のことを言っているのか気になる

マッチングアプリで知り合った相手は本物?

スマートフォンが普及してから様々なアプリが開発されていますね。

よく使うのはゲームとか地図アプリではないでしょうか?

それと、需要と供給を結びつけるという点ではウーバーとかタクシーを呼べる奴とかは大まかに言ってマッチングアプリであると言えるでしょう。

そのマッチングアプリの男女出会い版も沢山あるようです。

自分は使ったことないのでなんとも言えませんが、意外と使っている人が多いようですね。ただ、無料のわけないので、どこかで課金しないとその先に進めなくなるというのが怖いので手を出したことはないんです。

知り合いに聞いた話では出会える確率はまぁまぁあるそうです。

昔からある”さくら”の人も混じっているようなのですが、出会ったことはあるそうなんです。

しかし、男女が出会えばトラブルも、、、

そういう相談が探偵事務所に少なからずあるそうなんです。

相手が本当のことを言っているのか?

付き合ってはいるものの、相手は既婚者ではないのか?

連絡がつかなくなった、、、どうしたの?

と様々な疑問があるそうなんです。

相手が既婚者であるならば、さっさと別に移ったほうが良いですし、本当のことを言っていないのなら嘘を付くような相手とは別れた方がいいですよね。

それと連絡がつかなくなったら心配になります。

そういった事例が探偵事務所にはあるみたいなんです。

あなたの知りたい!

を解決してくれるのが探偵事務所さんなんですね。