カテゴリー
探偵に関連するサイト

マッチングアプリで出会った相手が本当のことを言っているのか気になる

マッチングアプリで知り合った相手は本物?

スマートフォンが普及してから様々なアプリが開発されていますね。

よく使うのはゲームとか地図アプリではないでしょうか?

それと、需要と供給を結びつけるという点ではウーバーとかタクシーを呼べる奴とかは大まかに言ってマッチングアプリであると言えるでしょう。

そのマッチングアプリの男女出会い版も沢山あるようです。

自分は使ったことないのでなんとも言えませんが、意外と使っている人が多いようですね。ただ、無料のわけないので、どこかで課金しないとその先に進めなくなるというのが怖いので手を出したことはないんです。

知り合いに聞いた話では出会える確率はまぁまぁあるそうです。

昔からある”さくら”の人も混じっているようなのですが、出会ったことはあるそうなんです。

しかし、男女が出会えばトラブルも、、、

そういう相談が探偵事務所に少なからずあるそうなんです。

相手が本当のことを言っているのか?

付き合ってはいるものの、相手は既婚者ではないのか?

連絡がつかなくなった、、、どうしたの?

と様々な疑問があるそうなんです。

相手が既婚者であるならば、さっさと別に移ったほうが良いですし、本当のことを言っていないのなら嘘を付くような相手とは別れた方がいいですよね。

それと連絡がつかなくなったら心配になります。

そういった事例が探偵事務所にはあるみたいなんです。

あなたの知りたい!

を解決してくれるのが探偵事務所さんなんですね。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

探偵に情報を漏らした警察官が処分されました

妻の不貞を疑った警察官が探偵に情報を漏らして処分されました

こんな事あるんですね。

一人の警察官が妻の不貞行為を疑い、色々と調べた結果、妻の浮気相手が同じ警察関係者だということが分かりました。

所謂職場不倫&ダブル不倫だった模様ですね。

処分された警察官は妻が乗車した車の持ち主が何処の誰なのかを警察署内の端末から情報を得て、浮気調査を依頼していたのか?これから依頼しようと考えていたのか?分かりませんが、その車の所有者の情報を探偵側に漏らしていたそうなんです。

通常なら尾行をして帰り先を突きとめて、そこからどこの誰なのか?を調べるという流れなんでしょうけど。

この警察官は妻の不倫相手が同じ警察関係者だったという事で、上司に色々お話をされたそうなんです。その話の中で、自分が得た情報を探偵に漏らしたことも告白。

この事実は公務員法違反になるので、可哀想な気もしますが処分されてしまったそうなんです。

それにしても妻と浮気相手の警察関係の人間もかなりバツが悪いですよね。

探偵に浮気調査を依頼していたのでしょうから不貞の証拠もバッチリ押さえられているでしょうし、不貞の裁判がこれから始まるのかもしれません。

旦那様は処分され、色々と報道もされていますね。

不倫の代償は大きくなりそうです。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

探偵に関する記念日の紹介

探偵にまつわる記念日の紹介をしたいと思います

探偵の世界にも記念日というのがあるということなんです。

記念日と言えば「ポッキー&プリッツの日」で11月11日がこの日になります。「1111」でポッキーとかプリッツの商品の形に因んでいるのでしょうか?

ポッキー&プリッツの日は一般社団法人日本記念日協会に登録されているれっきとした記念日で、毎年何らかのイベントを行っているようです。

ポッキー&プリッツの日(江崎グリコさん公式)

さて、探偵業界隈の記念日ですが、先程調べたところ、、、

探偵の日というものを発見いたしました。一般社団法人探偵協会さんというところが制定した日らしいんです。

5月21日が探偵の日

という事なのですが、かなり昔の新聞に探偵社の広告が掲載されていた日らしいんです。民間資本の日本人の探偵がはじめて広告を出した日が5月21日という事らしいです。

もう一つ記念日がありました

探偵業の日

探偵業の日制定委員会というところが制定したもので、「探偵業の業務の適正化に関する法律」に基づいているようです。平成十八年法律第六十号というのが探偵業の業務の適正化に関する法律になるようです。

今まで二回ほど改正されている模様です。

探偵業の日制定委員会は社団法人とかではなくて、探偵事務所とかの集まりのようですね。

6月1日は探偵業の日

という事らしいのですが、探偵業の業務の適正化に関する法律が施行された日が平成19年6月1日だそうです。ですから6月1日なんですね。

確か憲法記念日も施行された5月3日が国民の祝日になっていますね。

ということで探偵に関する記念日の紹介でした。

カテゴリー
探偵に関連するサイト

携帯電話番号から所有者の特定が可能!?

詐欺師などが持っている携帯電話番号から詐欺師の特定が可能!?

オレオレ詐欺に代表される色々な詐欺事件が多い世の中になりました。

最初はお金を振り込むやり方でしたが、他には私書箱に郵送したり自宅に取りに来るという方法もあります。

詐欺師の方も巧妙になっていますが、詐欺師も連絡先などがどうしても必要になるので、調べれば足がつくんですね。

連絡先として挙げられるのは携帯電話(スマートフォン)です。

誰でも所有している携帯電話ですが時には詐欺の道具として凶器になりえます。

更に、基本的には一台一番号ですし、どうしても契約が必要になるので氏名・住所というものが必要になるのです。

そうした詐欺師の情報を携帯電話番号から探し出せる探偵事務所があるみたいなんですね。

携帯電話というのはキャリアというものがありまして、大きく4社あるんです。

NTTドコモ

AU(KDDI)

ソフトバンク

楽天モバイル

という四大キャリアがあります。

この他には四大キャリアから安く回線を借りてキャリアよりも安い価格で携帯電話サービスを提供している会社もあります。

MVNOと言われており、仮想移動体通信事業者というのがそれになります。

MVNOでも契約が必要になるので氏名・住所が必要になります。

探偵事務所がどういった方法で調査しているのかまでは不明なのですが、携帯電話番号からどこの携帯電話会社なのか?くらいは無料で調べることが可能です。

携帯電話番号などのキャリアを調べるサービス

一度ご自身の携帯電話番号を入力して調べてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー
探偵に関連するサイト

探偵業の届出について

探偵業の届出について

探偵

と名乗ることは以前は誰でも出来ましたが、平成19年6月1日からは探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されてできなくなりました。

それまでは事務所を借りて、看板を出せばだれでも探偵になれたのですが、法律が施行以降は各都道府県の公安委員会に届出をすることになりました。

ですから探偵業を営もうと考えている、またはすでに探偵業をしている法人や個人は届出済な訳です。

誰でも届出できるという事はなく、いわゆるヤクザさん(反社会的勢力)や過去に禁固以上の刑に処せられて、刑が終わってから5年が経過していないものは探偵業の届出を行うことは出来ません。これは個人の場合で法人の場合は代表者や役員の中にヤクザや禁固以上の刑に処せられた人はダメという事です。

ヤクザさんも足を洗って5年を経過すれば届出が出来るとか、、、

各都道府県の公安委員会ってどこにあるんだよ?ってことですが、探偵業を営もうと考えている場所の所轄の警察署が窓口になっており、生活安全課の探偵の係の人が受け付けてくれます。

手数料が必要で3600円くらいかかります。

逆にいうと、これだけで探偵になれるのです。

なぜ、警察署の生活安全課なのか考えてみたのですが、探偵というのは人々の秘密を見聞きしてしまうところ。やはり生活に密着した生活安全課なのでしょうね。交通課だったらビックリですw

他には書類が必要です。住民票や履歴書、身分証明書、誓約書などが必要で、過去には登記されていない証明書という聞きなれない書類も必要でしたが、法改正で登記されていない証明書は提出する必要はなくなりました。

それと未だに人に聞いたことないんですけど、届出できる年齢制限ってあるのかな?ということなんです。

ちょっと調べてみたところ、未成年者でも届出が可能らしいんです。法定代理人の氏名年齢が記載されている書面と、当該営業の許可を得ている書面が必要になります。

営業許可を得ている証明というのは中々難しいですが、例えば事務所を借りていて、家主から届出の許可が出ていれば大丈夫なはずなんです。

でも自宅で営業したい場合は誰から貰えばいいのでしょうか?家族の持ち家なら家族から? 賃貸なら家主さんからになるんでしょうか?

皆さん大好き名探偵コナン君は探偵業の届出をしているのでしょうか? wikiによると工藤新一君が幼児化したとあるのですが、小学生っぽいですよね?

もし探偵業の届出を出していると仮定した場合、法定代理人は隣に住んでいる阿笠博士で間違いないでしょう。工藤新一君は公には死んでいる事になっているはずなんです。もし生きていることが分かれば黒の組織に命を狙われる危険が迫ります。

法定代理人は秘密を知っている阿笠博士であると思われますが、住民票や身分証明書は工藤新一でなくてはなりません。江戸川コナンでは偽造した公的証明書が必要になり、もしもバレてしまったら公文書偽造及び行使の疑いで逮捕されて50万円以下の罰金とかになりそうです。

ですから名探偵コナン君は届出をしていないと思われますw

ということで、探偵業の届出を済ませている探偵事務所は身元が警察で管理されているので安心して依頼できる証にもなりました。